シール貼りを外部委託するメリット

「簡単な仕事だから」、「外注費用がもったいないから」といって、
社員がシールの貼り付け業務をしていませんか。


宛名シールや訂正シール、バーコードなどを貼る作業は、意外に人手と場所をとられるものです。
ここでは、シール貼りを外部委託するメリットを簡単にご紹介します。


【仕上がりに差が出てきます 】
シール貼りは、簡単そうに見える作業ですが、貼り付け位置には十分な注意が必要です。
また、ほこりや髪の毛などが紛れて貼り付いたりしないように気を付ける必要があります。
慣れた人が作業する場合、慣れていない人に比べ、スピードや出来上がりの質が違います。


【コストダウンにつながります】
シール貼りをしている社員の人件費だけでなく、シールの保管場所や作業場所の確保、全体の管理業務にも
コストはかかります。正確に計算して比較してみると、外部委託のほうが費用を抑えられる、
という場合が多いでしょう。


最近は、小ロットの作業や短期納期についても相談にのってくれる専門業者がたくさんあります。
無駄な費用を抑えて、効率よく業務をすすめるためにも、ぜひ一度ご検討ください。


ラベル貼りを外注して、品質アップとコストダウンを目指す

一般的に、宛名シールやバーコード、製品情報などのラベルを貼る作業は、流通の過程で必ず発生する作業です。
自動化できれば問題ありませんが、難しい場合も多いでしょう。だからといって、社員が片手間に作業していると、
仕上がりの質にばらつきが生じやすくなります。
また、社員の手を使うことで結果的にコスト高になっていることがあります。


効率よくラベル貼りをするには、専門業者に委託するのがおすすめです。
ここでは、外部委託した場合のメリットを2点ご紹介いたします。


1.品質アップが可能
ラベルは、製品の見栄えに影響します。
簡単そうに見えるラベル貼りですが、貼り付け位置に注意が必要ですし、汚れやほこりが付着しないように
気をつける必要もあります。作業に慣れた人が貼り付ければ、慣れない人がするよりも、仕上がりの質が
優れていることが多いものです。


2.コストダウンが可能
ラベルを貼る対象は、封書やペットボトル、缶、袋などさまざまです。
社内で作業をすると、人手だけでなく、対象物の保管場所や作業場を確保する必要もあります。
関連費用を計算してみると、外部委託のほうがコスト安だったということは、よくあることです。


品質アップとコストダウンを目標に、ラベル貼りの専門業者へ、問い合わせてみてはいかがでしょうか。


 








 


内職会社NaviTOP| サイトの使い方 | Q&A | 掲載会社の事例 | 掲載会社のお客様の声 | お問い合わせ