包装作業は外部委託がおすすめ

包装(ここではギフト包装の意)を効率的に行うなら、外部委託がおすすめです。


包装作業は、1年を通して平均的に発生する仕事ではありません。
普段はそれほどの需要はありませんが、お中元やお歳暮、バレンタインやクリスマスシーズンが近くなると、
一気に忙しくなります。つまり、包装作業のために、一定の人員を確保しておくと、繁忙期以外では、
無駄な人件費がかかってしまうことになります。
では、繁忙期のみ、短期のアルバイトを雇う形ではどうでしょうか。


確かに、繁忙期のみ増員すれば、無駄な人件費はかけずにすみます。
しかし、美しく早く、見栄えよく包装していくとなると、急に雇ったアルバイトでは、慣れるまでに
時間がかかります。繁忙シーズンは短いため、慣れるころにはアルバイト期間も終了してしまうでしょう。


そこでおすすめなのが、外部委託というわけです。作業に慣れた人たちが、迅速丁寧にラッピングしてくれるので
安心です。また、作業が少量しか発生しなかった場合は、経費が少なくてすむのもメリットです。


委託先は、包装作業だけでなく、物流すべてを任せる形の企業がほとんどです。包装から配送まで、
一度外部委託を検討してみてはいかがでしょうか。


梱包作業の必要性とアウトソーシング化のメリット

お店を経営していると、お客様が購入された商品を、配送することがあるでしょう。
お客様の元へ商品を確実に届けるためには、梱包作業が重要です。

梱包とは、商品を箱などに詰めて、輸送の衝撃などから保護する作業のことで、エアーキャップや
エアークッションなどの緩衝材を使い、商品を保護します。
この作業は、お客様の元へ、発送前の美しい状態で商品を届けるために、なくてはならないステップです。
例えば、商品が衣服の場合の梱包方法には、以下のようなものがあります。


1.商品を袋の中に入れる
2.袋の端を折り曲げる
3.折り曲げた部分をテープでとめる


単純な作業ですが、注文が重なると、梱包だけでかなりの時間を要します。
また、従業員が数名しかいない場合には、対応に追われ他の仕事に手が回らなくなってしまうでしょう。
かといって、そのために多数の従業員を雇っていてはコストがかかります。
そんなとき強い味方となってくれるのがアウトソーシングです。


梱包作業を外注化すれば、梱包については外注先にすべて任せることができます。
従業員を新たに雇わなくても、円滑に仕事が進められるようになるでしょう。

梱包作業が多く、そちらにばかり手を取られているようなら、
アウトソーシング化を考えてみてはいかがでしょうか。


 








 


内職会社NaviTOP| サイトの使い方 | Q&A | 掲載会社の事例 | 掲載会社のお客様の声 | お問い合わせ