大量の袋詰め作業は、外部委託が効率化の鍵

大量の商品を、きれいに、手早く、袋に入れるのは、意外に手間のかかることです。

袋詰めとは、印刷物や立体物を、決められた手順に従って袋に入れる作業です。ポイントは大きく2つ。
・指定数、商品をそろえる
・袋に入れてテープで留める

です。


単純な作業ですので、社員の片手間で済ませることも可能ですが、数千袋、数万袋、となってくるとどうでしょうか。また、全体の袋の数が数百程度でも、入れる商品の組み合わせがバラバラ、あるいはすぐに紛失してしまいそうな細かい物、といった場合はどうでしょうか。


作業に慣れていない人が、大量の、あるいは複雑な袋詰めをすると、入れ忘れや、髪の毛・ほこりの混入といったミスが起こりがちです。ミスを最低限に抑え、効率よくきれいな仕上がりをめざすなら、外部委託がおすすめです。


一般的に、袋詰めを請け負う専門業者は、ただ商品を袋に入れるだけではありません。
数や品質を管理し、専用の作業スペースで、手早くきれいに仕上げてくれます。
自社の社員の手をかけなくてもよい単純作業だからこそ、外部委託をうまく利用して、
効率化をはかってみてはいかがでしょうか。


 








 


内職会社NaviTOP| サイトの使い方 | Q&A | 掲載会社の事例 | 掲載会社のお客様の声 | お問い合わせ